妊婦さんの症例

クライアントさんからの喜びの声/妊娠中のつわり、腰の痛み、首肩のこり(34歳・女性)

トップページ

治療室高久で「整体を受けた方の声」をご紹介します。 

アンケート用紙に書いて頂いた内容を転機しておりますが、

表現等一部変更して記載している場合もあります。

また、
個人情報を保護するため、ご記入頂いたお名前はアルファベットの頭文字または名字のみの記載と変えている場合がございます。
※施術による効果には個人差があります。

………………………………………………………………………………………………

Photo_6

練馬区/小林恵梨香さん(34歳・女性)
職業:看護師

症状 : 妊娠中のつわり、腰の痛み、首肩のこり

Photo_3

………………………………………………………………………………………………

1.今までの経緯・辛さを、エピソードなどを入れて書いてください。



3人目の妊娠で、つわりが辛く、ほぼ寝たきりで過ごしていました。
中期から後期は右腰〜股関節が痛くて、起き上がり、歩行が辛かったです。

2.この整体のよさは何ですか?

(技術的なこと、雰囲気などなんでもOK)



つわりでぐったりしていましたが、整体を受け、バランスが整ったのか顔色も良くなり、吐き気も良くなってきました。

痛みも整体をうけて体操を自宅で行うことで、気にならなくなりました。




3.ここにきてよかったなと思った時はどんな時ですか?



体のバランスが崩れて、
痛みなどが出ると心もイライラして余裕がなくなりますが、
整体をうけて、体のゆがみが治ると落ちついてきます。
子供たちにも、穏やかに接することができました。


4.体の不調で悩んでいる人へ励ましの言葉をお願いします。



妊娠中に整体を行ってくれるところは少ないと思います。
様々な不調に対して、整体で相談に乗ってくれるので、
是非おすすめします。


………………………………………………………………………………………………


我慢するだけ回復が遅くなります。迷わず今、お電話ください。
TEL: 03-5387-6739
(非通知番号の方は番号の先頭に186をつけておかけください)

↓↓いつも応援クリックありがとうございます!
Banner

Photo_4

| | トラックバック (0)

先生ー!!逆子治りましたー!!!(34歳・女性)

こんにちは!
練馬区大泉学園の整体・治療室高久(ちりょうしつたかく)の高久です。

先日、埼玉県大宮市より、妊娠9ヶ月目の大長亜里沙さん(34歳)が来室されました。

問診をしますと、
現在逆子だそうです。
そして、11日後の検診で逆子のままであれば、
帝王切開をする予定だそうです。

帝王切開はしたくないので、逆子を治して欲しいとのこと。

今年は逆子のクライアントさんが多いですね。

「これまで3人逆子でいらして、3人とも成功しています」

と、私はいってから、

「逆子が改善されない場合があります。
それは、

・首にへその緒が巻き付いている
・双子

これらの場合は、逆子の方が安全なので、
整体をしても改善しません」

すると、大長さんは笑顔で、

「双子ではありませんし、エコーでしか診てないのですが、首にへその緒が巻き付いているとかはいってなかったので、たぶん大丈夫だと思います」

と答えました。

「逆子の治療は10分くらいで終わります」

「えーっ、そんなに短いんですか?」

「はい。目的は逆子を定位置に戻すことです。
むだなマッサージなどは行ないません。
気持ちいいことをするよりも、
体を変化させるのが目的なのですが、よろしいでしょうか?」

「…はい、わかりました。
でも、手とか足とかむくんでいて、それも治して欲しいんですが」

「むくんでいると体が重く感じてつらいですよね。
お気持ちは良くわかります。
ただ、あれもこれもと技を加えると、逆子治療の効果が無くなるんですよ」

何事もそうですが、あれもこれもと手をだして、うまく行くことはありません。
目標をひとつにしぼった方が、成果が高いのは、この世の法則のひとつです。

ましてや妊娠されているので、必要以上の刺激は、母体への悪影響を及ぼす場合があります。

整体創始者の野口晴哉先生は、ポイントを1カ所にしぼって、1人5分とか、あるいは数秒で施術されていたと聞きました。

そして・・・、実は、逆子用の骨盤矯正が決まれば、一気にバランスが整い、むくみもすぅーっと引いていくのです。
これは、矯正後の楽しみとして、秘密にしました。

「魔法ではありませんので、1度で決まらない場合多いです。
3日おいて3回受けられるのがベストです。」

了承いただいてから、検査をおこないます。

Photo_2
左の骨盤が下がって、左にねじれています。

これでは赤ちゃんも、別のところへ移動したくなるでしょう。

矯正を行ないます。
もちろん無理な矯正はせずに、大長さんの体に聞いてから、行ないます。

体の声を聞く。

治療室高久の技が、不思議な技とよく言われるのは、こういう作業をしているからかもしれません。

10分もかからなく矯正終了。

Photo_3
「骨盤矯正が終わりましたので、ベッドからゆっくりと降りて下さい」

「・・・。あれ? 
体がまっすぐになってる気がします。すぅーっとしてる感じです」

と嬉しそうな大長さん。

( これは決まったな )

私は、心のなかで言いながら、
胸の奥が暖かくなるのを感じました。

あれ?あれ?といいながら歩いています。
会計をすませて、帰り際、靴を履きながら、

「あれ!? 足のむくみがとれてる!」

とひときわ高い声をあげました。

「すごい! 手もはれぼったくないです!」

そう、骨盤矯正が決まれば、余計なことをしなくても、体が自動的に良くなっていくのです。

やはり技が決まると嬉しいもので、私は、

「素晴らしいお体ですね」

と、伝えました。

とても気分がよかったです。

逆子矯正の全日程を終えて、2週間過ぎて、メールの確認をしていると、面白い題名のメールが届いていました。

………………………………………………………………………………………………

先生ー!!逆子治りましたー!!!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

高久尚登先生

先生に治療して頂いて2週間たちました本日、
健診で逆子ちゃんが治ってることが分かりました!!
今日の健診で治ってなかったら帝王切開の予定を立てる感じでしたので、
ドキドキでしたがお陰様で見事にくるっと回ってくれてました!

本当にありがとございました(^ ^)
これで安心して臨月を迎えることが出来ます!!!

大長亜里沙

………………………………………………………………………………………………

R: 先生ー!!逆子治りましたー!!!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

大長亜里沙様

逆子が改善されて良かったですね。
メールの文章から、嬉しさが伝わってきます。

真面目に整体をやってきて良かったです。
大長さんのような方がいるので、
私は整体を追究するのを止めないのだと思います。

メールをホームページに、
掲載してもよろしいでしょうか?

治療室高久 代表・高久尚登

………………………………………………………………………………………………

R: R: 先生ー!!逆子治りましたー!!!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

おかげさまであれから体調もよく元気に過ごしてます!
明日から臨月に入りますが、
一昨日の健診でもちゃんと頭位のままでしたので、
もう大丈夫だと確信してます(^^)

よければ、是非ホームページに載せてください‼️
逆子ちゃんで悩んでるたくさんの妊婦さんに知ってもらえたらいいな〜(^ ^)✨

………………………………………………………………………………………………

↓↓いつも応援クリックありがとうございます!
Banner

Photo_2

| | トラックバック (0)

おかげ様で、逆子が治りました(32歳・女性)

こんにちは!
練馬区大泉学園の整体・治療室高久(ちりょうしつたかく)の高久です。


山田由香さん(仮名・32歳)は妊娠されて9ヶ月33週目の方でした。

ネットで逆子が治った記事を読んだのですが、大丈夫ですか?というお電話を頂いたのが最初です。

逆子は骨盤が歪んでいて、赤ちゃんが居心地が悪くてなって逆向きになっている症状ですので、大抵は逆子用の骨盤矯正を行なえば改善します。

ただ、へその尾が赤ちゃんの首に巻きついている場合は、逆子のほうが安全ですので、骨盤が正常な位置になっても逆子のままです。

とりあえず、診てみないとなんとも言えないのと、私は治るきっかけを与えることしかできませんが、と伝えると、どうしようかなどうしようかなと何度もいって迷っていました。

治る治らないは、その人が潜在意識で決めているので、
私は、

「治療を受ける心構えができましたら、またご連絡ください」

といって電話を切りました。

そして、5日後に治療をうけたいとの電話がありましたので、了承しました。

今年の5月30日、6月5日、6月9日と3回逆子の治療を行なったのです。

まず検査をします。
写真を観てわかるように、左足が、右足にくらべて曲がりにくくなっています。

これは、左足に体重がのりすぎているため左足全体が硬くなっている、ということです。

Photo_2

そして、治療開始。

逆子の治療は約10分で終わります。

「うぉ〜、動いてます動いてます!」

山田さんは驚いています。

治療後の再検査。

Photo_3

しっかり両足が、同じように揃っています。

左足にかかりすぎていた重心が真ん中に戻ってきた瞬間でもあります。

ただ、この重心をかけるのは、癖になっていて脳が覚えているものですから、
正常になるまで何回かかかります。

時間がたてば、また悪い姿勢にもどるので、なるべく近いうちに整体治療を受けるように勧めました。

検診日に帝王切開するかどうかが決まるので、それまでの間、つめて3回だけにしました。

3回目は、おなかがラクビーボウル状になっていました。

実は、ラクビーボウル状につまり胎児が横になっている状態は、逆子が治りにくいといわれています。

いつものようにリラックス集中して整体治療を施します。

3回目は、確かに手応えを感じました。

「ピクピク動いてる動いてる!」

と山田さんは笑いながら言います。

もう1度治療したいところでしたが、検診日まで時間がとれないので、ここで終わりにしました。

幸運なことに、おかげ様で、これまで2人逆子の方を診ましたが、2人とも正常な位置に戻っています。

さあ、山田さんはどうなるでしょうか。

その後連絡がなくて、どうしたのだろうかと思っていたら、メールが届きました。

※本人の了解を得て掲載しています。
………………………………………………………………………………………………

高久先生


こんにちは。
以前、先生に逆子治療してもらった山田と申します。

治療後、数日で逆子は戻り、

予定日超過でしたが、無事出産する事ができました。
どうも、ありがとうございました。

ただ今は育児に追われている最中です。

今回はお礼のみのメールとさせて頂きます。

失礼いたします。

 

山田 由香

………………………………………………………………………………………………

山田さん、無事自然分娩での出産おめでとうございます。

私も嬉しいです。

山田さんのような方がいらっしゃるので、
私は整体の面白さを追究するのを止めないのだと思います。

↓↓いつも応援クリックありがとうございます!
Banner

| | トラックバック (0)

お母さん、泣かないで!

今日練馬区より、大泉学園の整体・治療室高久へ妊娠7ヶ月の丸山鏡子さん(仮名・31歳)が、お体のメンテナンスでお見えになりました。

初診は去年の秋で、お友達の紹介でいらっしゃいました。

そのとき、こんな会話がありました。

電話がかかって来たのでとると、

ー友達の権藤さんからこちらを聞いて電話しました。実は右の足の付け根が痛くて…。どこにいっても良くならないんです。

「大丈夫ですよ。いらしてください」

権藤さんとは、産後の骨盤矯正を夏に受けにこられたクライアントさんです。

日にちを調整してから、

ー子供を預けることができなくて、一緒に連れていってもよろしいでしょうか…

と、遠慮がちの声。

私は迷った。

開業当時、幼児の男の子が、治療室内を走りまわり、消しゴムを口にいれたりで、ヒヤリとした経験があったからだ。
走り回ったり、何かちらかしたりするのは子供なのでそれは大丈夫だが、何かあったら責任をとれない。
それ以来幼児連れはご遠慮していただいていた。
もちろん保護者同伴でしたらOKですが。

だが現在、電話の向こうの女性は、右足の付け根が痛くて足を上げるのも辛いとのこと。これでは当然育児も辛いに違いない。
権藤さんの友達ということから、20代後半〜30代ぐらいと思われる。
これから長い人生、ずっと痛いままというのも辛すぎる。

「女の子ですか?」

と、私は訊いた。

女の子だと、まずおとなしいので、ヒヤリとすることはないだろう。

ー男の子です…

(男の子ですか…)と、ちょっと落胆しながら私は、

「何歳です?」

ー9月で2歳になったばっかりです。

「おとなしいですか?」

とかさねて訊いた。

ーおとなしい方だと思います。

「あ、そうなんですか」

私は、胸が軽くなる思いがした。
しかし、男の子でおとなしい2歳児はみたことがない。

おとなしいですかと訊きながら、
おとなしい2歳児はみたことがないという自分の矛盾を感じながら私は、

「走り回ったりしませんか?」

と尋ねた。

ー電車が好きで、そのおもちゃで毎日遊んでいます。

私は、治療室内の一角でおとなしくおもちゃと戯れている幼児を想像した。

「それではいらしてください。ただ、きつい言い方になるかとは思いますが、お子さんに何かあったときは、大変申し訳ありませんが、責任をとることは難しいのですが、よろしいでしょうか?」

ーはい、大丈夫です。

しっかりした返事。
本当に手のかからないおとなしい息子さんに違いない。

そして最初の治療の日。

私は、消しゴムはもちろん猫のフィギュアなど、
幼児の口に入りそうな物を、すべて片付けた。

現れた男の子は、ケンタくん(仮名・2歳)といい、目がクリクリしてかわいい。

その子を見ながら、

(もしあの時○○子さんと結婚していれば、私にもこのぐらいの子がいたのかも知れない)

と私の胸のどこかが痛んだ。

さてケンタくんだが、お母さんにベッタリである。

無理もない。知らないところに初めて入ったのだから。

治療を開始しても、列車のおもちゃは待合室に置いたまま、お母さんから離れない。

さかんにお母さんに、

「イタイイタイ?」

と何回も聞きます。

そのときの丸山さんは、右の股の筋肉が硬くなりすぎていて、それを解きほぐす治療をしていたのですが、痛がっていました。

(優しいお子さんだな)

と思いながら治療していたのを思い出します。

走りまわったりしないで、ずっとお母さんについていましたので、無事治療を終了することができた。

さて、今日。

言葉もだいぶ話せるようになり、服を脱いだり靴も履けるようになっていました。

子供の成長は早い。

鉄道模型には興味がないようで、本日は治療室内を元気に走り回るようになっている。
しかし走り方をみても、無茶をしない走り方なので、私は安心して整体治療に専念できた。

そしてケンタくんはお母さんに話かけます。

最初私に、「ちゅうしゃしないで」と言いました。

注射は痛いですからね(笑)

丸山さんは今日も無事整体治療して、お帰りになりました。

ケンタくんはあまりに走り回ったせいか、汗をかいてお帰りになりました。

↓↓いつも応援クリックありがとうございます!!
Banner_2

Photo

| | トラックバック (0)

名付本・産後骨盤矯正

今年産後の骨盤矯正を受けられた三木本雅美さん(仮名・30歳)がメンテナンスにお見えになりました。
現在埼玉県北本市に嫁がれてるのですが、今回西東京市のご実家に用があっていらしたそうです。

そこで、お子さんの名前の話になりました。
占いの本を買い求め、これが結構当たっていると評判のようです。
その本ですが、いわゆるママ友さん方の間で評判の本だそうです。
ご自分の名前はもちろん、友達の名前もほとんど当たっているとのこと。

治療室高久には、産後の骨盤矯正の方がけっこういらっしゃっていますので、
参考になると思うので、教えて欲しいですね、と伝えますと、快くメールが来ました。

以下これまでの顛末。

………………………………………………………………………………………………

高久先生

先日お世話になりました、三木本です。
お陰様で腰と肩まわりが随分軽くなりました。
ありがとうございました!
体重もキープできるように頑張ります♪

さて、以前お話した名付けの姓名判断の本ですが、
成美堂出版の『幸せを運ぶ赤ちゃんの名前事典』というものでした。
監修をされているのが西村安珠(あんじゅ)さんという方で、姓名判断や占いの他に鍼灸師や心理士などの肩書きもある、ちょっと面白い経歴の方みたいです。

ちなみに先生のお名前を調べてみましたが、大出世が約束される画数だそうで、物静かながら確実に成長を遂げる樹のように、着実に成功を掴むそうです。
特に晩年は企業トップやフリーとして大成功をおさめ、老いても精力的に活動できるそうです。

素晴らしいお名前をつけてくださったご両親に感謝ですね!

三木本雅美

………………………………………………………………………………………………

三木本さん、お忙しいところメールありがとうございます。

腰と肩まわりが楽になられてなによりです。僕も嬉しいですね。

姓名判断の本、ご紹介ありがとうございます。
そんなにいい名前だとは思っていませんでした。
名前負けしないように頑張ります(笑)

メールの内容を匿名で紹介したいのですが、よろしいでしょうか?

治療室高久 代表・高久尚登

………………………………………………………………………………………………

匿名の紹介、構いませんよ!

私の周りの友人たちは良いこともそうでないこともよく当たっていたのですが、先生も例に漏れず当たっているようですね(^-^)


勿論名前が全てではなくて、みんな自分で努力して未来を切り開いているのでしょうが、いい名前であるに越したことはないですよね。

また実家に帰った時はメンテナンスにお伺いしたいと思いますので、宜しくお願いします。

三木本雅美

………………………………………………………………………………………………

三木本さん、ありがとうございます!

まわりのお友達が当たっているとなると、嬉しいですね。いい名前であることに越したことはありませんからね。僕はこの仕事が好きですから自分なりに極めていきます。

またご実家にお帰りの際は、いらしてください。
さらにレベルアップしてお待ちしております。

治療室高久 代表・高久尚登

………………………………………………………………………………………………

ということで、良く当たると評判の名付け本をご紹介致します。
お子さんが生まれた方は、参考にされてみてはいかがでしょうか?

幸せを運ぶ赤ちゃんの名前事典
西村 安珠
4415309933

↓いつも応援クリックありがとうございます!
人気ブログランキングへ



Photo_9

| | トラックバック (0)

妊婦さん、気をつけて! 危ないツボがあります

トップページ

妊娠初期の森山加代子さん(仮名•32歳女性)が整体治療を終えての帰り際、

「先生、このツボっていいツボなんですよね?」

と、いってツボを親指で押さえました。

Photo

そこは合谷(ごうこく)というツボで、

目の疲れや肩こり、歯の痛み、扁桃腺、高血圧、顔面神経麻痺、面長に効果があるとされています。

場所は、どちらの手でもいいのですが、
左手としましょうか。
左手のひらを下にして、親指と人差し指を開くと、
三角地帯になります。
その頂点に向かって親指の指紋を当てます。
当てたら人差し指側に押すと痛いところがあります。
ここが合谷というツボです。

私は、血の気が引く思いがしました。

「妊娠中、そこのツボは押さないでください」

森山さんは驚いて、

「え!?どうしてですか?」

「おどすつもりは無いのですが、ビックリしないでくださいね」

「はい……」

少し不安そうです。

「実はそこ、子供を堕ろすツボなんですよ」

「……え」

森山さんは、素にもどったような表情になりました。

「昔そこを強く押して堕ろしていたと聞いています」

「あたし大丈夫でしょうか!?」

「もちろんまだ大丈夫ですよ。ただ、これからは押さないほうがいいですね」

強く押さなければいいかもしれませんが、一般の方は加減がわからない場合が多く、押すことは勧められませんでした。

「ああ、良かった。聞いて良かったです」

ほっとした表情で、瞳がキラキラしてきました。
生気が戻ってきました。

「聞かれて良かったです。
間違って押している妊婦さん、きっといらっしゃると思いますので」

ということで、ここに掲載させていただきました。

妊娠されていらっしゃる方は、押さないほうがいいです。

我慢するだけ回復が遅くなります。迷わず今、お電話ください。
TEL: 03-5387-6739
(非通知番号の方は番号の先頭に186をつけておかけください)

 

↓↓ここは押してください(笑)
Banner

Photo_2

| | トラックバック (0)

不妊治療その後•28歳女性【練馬区 大泉学園 整体 治療室高久症例】

前の症例へ  次の症例へ

3月1日(火)にメールがきました。

送信者の名前を見ると、自律神経失調症と不妊治療でいらしていた、三木原可奈子さんからです。

Photo

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

連絡が遅くなりましたが、2月9日に元気な女の子を産みました。誘発剤を打っての出産でしたが五時間での安産でした。
今は赤ちゃんが元気すぎて育児が超大変です。体も大きく骨格もしっかりしていて泣き声がとびきり大きい子です(^_^;)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

お医者さんから、妊娠の確率は低いと言われていたのに、
ちゃんと妊娠され、さらに元気の良いお子さんを出産されて、
私は自分のことのようにうれしかったです。

三木原さん、おめでとうございます!

↓↓いつも応援クリックありがとうございます!!
Banner

Photo

| | トラックバック (0)

妊婦さんの症例 :  逆子が治った! 大泉学園•整体•治療室高久症例

先日埼玉県三郷市からいらしたMさんから、メールをいただきました。

そして、本日、動画にもご協力いただきました。

※メール、動画掲載共にMさんより承諾を得て掲載しております。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

いつもお世話になっております。

現在妊娠8ヶ月に入ったMです。

つわりがずっとひどく中々伺えず、6月5日にやっと伺いました。

それまで逆子と言われ、

赤ちゃんにはお腹の右下の方ばかりをけられていたのですが、

治療を終える頃にはお腹をけられる場所がだんだん移動していき、

最終的にはお腹の左上をけられるようになっていました。

赤ちゃんがいい位置にいってくれたようだけど、

本当かなぁと思いつつ本日検診に行った所、

見事に逆子がなおっていました!

すごく嬉しいです!

産婦人科からは赤ちゃんは動くから大丈夫と言われていましたが、

初産なのでやはり少し不安でした。

おかげで安心して後期を過ごせます。

高久先生ありがとうございましたshine

以上コメントでした。
逆子がなおっていてよかったですhappy01

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・高久です。

Mさん、逆子が治ってよかったですね!

本当にうれしいです!

産婦人科でエコー検査ではっきり逆子が治っていることを、
興奮気味に話されているのをみて、
私は良い仕事をしたなと思いました。

Mさんのような方がいらっしゃるので、
私は整体の面白さを追究するのを止めないのだと思います。

次の症例へ(ベッド導入)

↓↓いつも応援クリックありがとうございます!
Banner

Photo_2

| | トラックバック (0)

不妊治療、自律神経失調症治療 (28歳•女性) 【練馬区 大泉学園 整体 治療室高久症例】

練馬区桜台から、大泉学園の治療室高久へ、三木原可奈子(仮名)さんがお見えになりました。

去年の3月から定期的にいらしている方です。

結婚して2年目の三木原さんは、うれしそうに、

「先生、赤ちゃんができました」

「おめでとう」

これには私も感激ひとしおでした。

なぜかというと、

三木原さんは卵巣膿腫の手術をされて、左の卵巣がありません。

また、右の卵巣もチョコレート膿腫でつらいそうです。

産婦人科の先生から、チョコレート膿腫は、
妊娠出産すれば小さくなって治るといわれたそうです。

しかしその妊娠ですが、普通の人より50%の確立で、

できにくいそうなのです。

手術をされたから、自律神経失調症に悩まされ、

左の顔に引きつりや、はれる感じがあり、

少しでも疲れると、全身が痛む、熱がでるといった症状に悩まされていました。

ところが、半年過ぎたあたりからそういった症状が出なくなっていました。

それから月に1度定期的にいらしています。

「妊娠して整体を受けても大丈夫ですか?」

「もちろん、大丈夫です」

三木原さんは、ほっとした顔で、

「よかった。先生の整体を受けると楽になるので」

この仕事をしていて、良かったと思う一言。

治療中に三木原さんは、

「ほんとに私って、妊娠できない確率が高くて、看護婦さんやまわりの人も驚いているんです」

と、何回もおっしゃっていました。

三木原さんの本来の状態に戻す手助けをして、こんなにうれしいことはありません。

私は感激しながら仕事をしていました。

ぜひ元気なお子さんを産んでいただきたいですね。

そう言えば、昨日いらしたMさんも妊婦さんでした。

去年はこちらのクライアントさんを筆頭に、7月に9人もの妊婦さんが当治療室にいらっしゃいました。

7月だけ妊婦さんが初診で多かったです。

6月の後半や7月は妊婦さんと何か因果関係があるのかも知れませんね。

その後の三木原さんは、こちらです!

↓↓いつも応援クリックありがとうございます!

Banner_2

[治療室高久] とくに首•肩•腰の慢性疲労でお困りの方へ!

時間 AM9:00〜PM7:00

休日 水曜、日曜

   ※研究会出席等で臨時休業になる場合があります。

電話 03-5387-6739

※治療中、お電話にでれない場合があります。
そのときは、留守番電話にお名前を入れて下さい。
後ほど、おかけなおし致します。

| | トラックバック (0)

首と肩こり、逆子を治したい 妊娠8ヶ月【練馬区 大泉学園 整体 治療室高久症例】

「先生、お久しぶりです」

埼玉県三郷市から、前野優子さん(仮名・31歳)が9ヶ月ぶりに来室されました。

現在妊娠8ヶ月目で、逆子だと言われているそうです。

また、首と肩がはって苦しいとのこと。

私の整体治療は、良い姿勢を脳に覚えてもらう方法をとっています。

「あれから、肩がこっても一時的で、症状がしばらくすると消えるようになりました。
以前はこるとずっと苦しいままでしたが。

でも妊娠してからまた首肩がこるようになって、

おまけに逆子になってしまって………。」

逆子は、骨盤が歪んでいるので、赤ちゃんが定位置にいたくない状態です。

「逆子だったら、骨盤が良い位置に戻れば、治りますよ」

私は、これまでの経験からそう伝えました。

「え? そうなんですか?」

「はい」

なんだか信じられないというUさん。

まずは首の状態を検査します。

首を後ろに倒すと、ひっかかりがあり、右に倒すと、左の首と肩の付け根が痛く、左ほど右に倒れません。

一通りバランスを整えます。

首と肩の動きを再現していただきます。

「前後左右動かしてください」

 

「あれ? あれ? ちゃんと動きますね??

首の後ろも、左の肩も楽になっています」

最後に、骨盤矯正に入ります。

「おもしろいですね」

おもむろに、前野さんが言いました。

「どうしました?」

私は、わかっていましたが、あえて訊(き)いてみました。

「お腹がもこもこいってます」

骨盤矯正を開始してから、前野さんのおなかがピクピク動いています。
おなかのお子さんが動いているのですね。

前野さんは笑いながら、

「いつも右の足の方向を蹴っているんですが、だんだん横に変わってきました」

「よい位置に戻ろうとしているんですよ」

余談ですが、治療中に自身の体が変わってくるのを実況中継される方がいます。
体の感覚が鋭い方が多いですが、このようなタイプは非常にやりやすいです。

痛くない調整で、しかも関係ないところを刺激して体が変化する不思議さに驚いているのを拝見するのは、治療させていただいている私自身楽しいからです。

そして、たいていの方はその不思議さに笑います。

前野さんの骨盤調整は、無痛で足首を刺激して矯正しました。

「先生、今度は右のおなかの横を蹴りはじめました」

前野さんは、笑いながら、おもしろいですね、と連発しています。

左右の骨盤を矯正し終えると、

「あ、おなかの上の方を蹴るようになりました!」

逆子が治った瞬間です。

「先生の治療っておもしろいですね」

実は、私は、おもしろがりながら治っていくクライアントさんを観るのが好きなのです。

さて前野さんは、産婦人科に2週間後に検診に行かれるそうです。

定着させるために、検診後にまたいらっしゃるようにUさんに伝えました。

ぜひ元気な赤ちゃんを産んでくださいね!

……その後の結果は → こちら!

↓↓いつも応援クリックありがとうございます!

Banner2

Photo

| | トラックバック (0)