生理痛の症例

腰痛、頭痛、眠れない、生理痛でつらい【練馬区大泉学園の整体 治療室高久症例】

前の症例と日記へ

練馬区より大石雅子さん(仮名•46歳)がお見えになりました。

ずっと腰痛、頭痛、生理痛に悩まされていて、あまりに疲れがたまると、マッサージを受けにいっているとのことです。
ほとんど週一で受けているのですが、そのときは良くても、また元に戻ってしまうということでした。

「こちらではマッサージはしていませんが、よろしいでしょうか?」

と、訊きますと、大石さんは、

「はい、整体というのを一度受けたくて来ました」

「こちらの整体は、体の歪みは、手と足のバランスが悪くて背骨が歪んでしまうと考えています」

「はい」

「正しい位置に戻せば、個人差はありますが、
背骨はまっすぐになり、自律神経や脳の命令がよくなって、治る力が強くなります。
ちょうど、捩じれたホースに水を流してもチョロチョロとしか出ませんよね?」

「はい」

「それが、ホースをまっすぐにすると、水の流れは」

と私がいうと、大石さんは、

「サーッと流れるようになりますね」

と答えました。
頭の回転が早い方の様です。

「そうです。体液の流れが良くなるのです。回復が早くなります」

………………………………………………………………………………………………

治療室高久 整体的頭痛のメカニズム

特に首の骨が歪みますと、脳内にある脳脊髄液という液体の流れが悪くなります。
結果液体が内側から圧迫するようになります。
目の奥が痛いという頭痛は、目が内側から圧迫されている状態です。

Photo

なので、首の歪みをとり、脳脊髄液の流れを良くすれば、液体の流れが良くなると同時に、液体が内側から目を押さなくなりますので、目の奥が痛いという頭痛から解放されます。

Photo_2

脳脊髄液の流れを良くする技をかけると、80%の方が頭が小さくなります。
同時に呼吸も深く楽に入るようになります。

Photo_3

また、文字通り頭が小さくなるので、首・肩の負担が軽くなります。
………………………………………………………………………………………………

「よく本とかでバランスがどうとか出てますけど、そうなんですか?」

「マスコミでいっぱい骨盤のゆがみとか放送してますよね。
例えば、洋服ダンスを想像してみてください。
普通だったら、何ごともありませんが、洋服ダンスが傾いたらどうでしょう?」

「なかのものがごっちゃになりますね」

「そうです。体を洋服ダンスに例えますと、なかは内蔵になります。
体の歪みを整えれば、なかの内蔵も定位置に収まって、いつもの機能にもどります」

「頭痛もそうですか?」

「大石さんの頭痛ですが、目の奥が痛くなる頭痛ですか?」

「ええ、そうなんです。なんにも手につかなくなるんですよ」

「そうですよね。頭痛が酷いと、なんにもやりたくなくなりますよね」

私自身、目の奥が痛くなる頭痛に悩まされていたことがあり、気持ちがよくわかります。

「これは脳脊髄液という脳みそを守っている液体の流れが悪くなって、目を内側から液体が圧迫している状態です。この整体治療をすると、その液体の流れが良くなって、頭は小さくなるし、呼吸も深くなります」

「え? 整体でそんなこともできるんですか?」

「できるんです。整体をされていた先人たちのお陰ですよね」

さっそく整体治療をおこないます。

まずは整体前の姿勢。

Photo_2

左に傾いています。

つづいて両足の曲がりの検査。

Photo

左足が曲がりにくいです。
左足に体重がかかりすぎている可能性があります。

ただ、人の軸足は左だという理論があります。

例えば陸上のトラックですが、これは、左回りです。

第一回オリンピックのとき、トラックは右回りだったそうですが、転倒者が続出のため、左回りに変えたら転ぶ人がいなくなり、それから左回りになった、というのを、複数の本で読んだときがあります。

歯はいのち!―気持ちよく噛めて身体が楽になる整体入門 (文春文庫)
笠茂 享久
4167753340

異次元”体のゆがみ”の治療法
吉岡 紀夫
4925181920

とりあえず、バランスを重視している私は、大石さんの膝の曲がりを左右均等にそろえるように整体治療のプログラムを頭のなかで組み立てます。

次に、両手の長さのチェック。

Photo_2

右手が伸びにくいです。

これは、右の背中の筋肉が緊張していると考えられます。

そして、治療に入ります。

まず、手足の動きをよくしてから、首の調整をします。

顔を上に向けづらい状態でしたので、首の調整をして、天井まで見えるようにします。

「ああ、こんなに上を見れるようになったのは、久しぶりです!」

「それは良かったですね。
上を向けないと、頭のなかの液体が下に流れづらくなりますから。
流れづらいと、頭のなかから目を押して、目の奥が痛いという頭痛になります」

今度は、脳脊髄液の整体を行います。

「先ほどと較べて、頭の大きさはいかがですか?」

「………小さくなっています」

「脳脊髄液の流れが良くなったので、頭蓋骨がしまってきたのですよ」

これは、頭が小さくなった、というよりも、通常の大きさに戻ったということなのです。

Hed

文字通り頭が軽くなるのを体感出来ます。

そして整体治療終了。

両膝の曲がり。

Hakide

そろいました。これで左右均等に体重がかかります。

両手の長さ。

Hagiba

これもそろいました。背中と腰、肩の骨の動き、筋肉の硬さが整いました。

「立ってみてください」

Hagi

中心に戻っています。

この状態になれば、バランスをとるために無意識に肩に力をいれなくなります。

脳の液体の流れもスムーズになり、頭蓋骨のなかでパンパンになって眼球を後ろから押さなくなるので、目の奥が痛くなる頭痛がおきなくなります。

「楽です。頭が軽いです……!」

「これで眠れますよ。呼吸はどうですか?」

大石さんは深呼吸をしました。

「ああ……、すごく深く吸えます」

といって、何度も呼吸を繰り返し、確かめています。

呼吸が苦しいと、イライラしますし、疲れやすくなりますから、楽な気分を味わっているのでしょう。

整体の見立てが間違っていなかったのを感じる瞬間です。

「良かったですね。これは大石さんのお体が素晴らしいからです」

ただ、体の疲れがたまっていたので、1週間以内に来室されるよう提案させていただきました。

ちょうど7日目にいらした大石さんは、

「あれから家に帰って、食事の支度をしたら眠くなってそのまま寝てしまいました。主人も子供も寝かせてくれました。
11時に目が覚めて、また寝て、朝の7時に目が覚めました。
すっきり起きれました。こんなに眠れたのは久しぶりです。
おとといから生理になったんですが、いつも腰に渋い重い痛みが出ていたのですが、今回は無いです」

キラリと光っているような、希望に満ちた表情です。

私は大石さんに、素晴らしいお体をお持ちですね、と答えました。

大事なお体です。迷わず今、お電話ください。
TEL: 03-5387-6739
(非通知番号の方は番号の先頭に186をつけておかけください)

↓↓いつも応援クリックありがとうございます!!
Banner_2

Photo

 

| | トラックバック (0)