« 開業へのカウントダウン20・後で良い思い出に【練馬区大泉学園の整体 治療室高久】 | トップページ | おなかについて・その2【練馬区大泉学園の整体 治療室高久】 »

おなかについて・その1【練馬区大泉学園の整体 治療室高久】

治療で名を残した方は数多くいます。
私は好きで治療家が書かれた本を読んでいました。
この追求されている姿勢がたまらないんですよね。
読んでいくと、ある共通点に気がつきました。

それはおなかです。

整体を創始された野口晴哉先生、指圧療法を確立し世界に普及された浪越徳治郎先生を始め、
多くの治療家は晩年、患者のおなかに刺激をいれて体全体を変えています。

( 腰ではなくて、腹か )

どうやら先人の治療家は、おなかが体を変える最大の急所だと考えていたようです。

腰が全体の中心だとよくどの本にも書かれているのに、なぜ腹なのでしょうか?

私には疑問でした。

おなかについて・その2へ

↓↓クリックお願いします。気候が不安定なときは、冷えに注意してくださいね。
Banner2

Photo_9

|

« 開業へのカウントダウン20・後で良い思い出に【練馬区大泉学園の整体 治療室高久】 | トップページ | おなかについて・その2【練馬区大泉学園の整体 治療室高久】 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/507854/40727324

この記事へのトラックバック一覧です: おなかについて・その1【練馬区大泉学園の整体 治療室高久】:

« 開業へのカウントダウン20・後で良い思い出に【練馬区大泉学園の整体 治療室高久】 | トップページ | おなかについて・その2【練馬区大泉学園の整体 治療室高久】 »