« 開業へのカウントダウン7・気づかせていただいた【練馬区大泉学園の整体 治療室高久】 | トップページ | 睡眠と健康の関係その2【練馬区大泉学園の整体 治療室高久】 »

睡眠と健康の関係その1【練馬区大泉学園の整体 治療室高久】

こんにちは!

練馬区大泉学園の整体•治療室高久の高久です。

だんだんと春になって、気温もポカポカとしてきましたね。

今日は睡眠について書きます。

睡眠は体力を回復する意味で、重要なポイントです。
なぜなら、

人間の体は午後11時〜12時、午前2時〜3時の2回に成長ホルモンが分泌されるからです。

夜型の人は、せめて午前2時からの分泌に間に合うように寝ていただきたいですね。そのほうがいいです。

成長ホルモンは年齢に関係なく分泌されるもので、体と脳のリフレッシュにはかかせません。

夜遅く寝ても、長く寝てれば大丈夫でしょうという意見があるようですが、それは間違いのようです。

夜中の3時以降に寝たのでは、徹夜したのと同じで疲れが抜けません。

これについては、以下の二冊を参考にさせて頂きました。

4062742241 医者以前の健康の常識 (講談社の実用BOOK)
平石 貴久
講談社  2006-03-16

4062742403 医者以前の健康の常識2 (講談社の実用BOOK)
平石 貴久
講談社  2007-01-31

『信じるな、疑うな、確かめろ』を座右の銘としている私は、
本に書かれていることを鵜呑みにせず、自分の体を使って実験しました。

とりあえず、いつものように整体の体操をして、夜中の3時過ぎに寝てみました。

やはり疲れが抜けず、宙に浮いたような、ふらふらな状態で一日を過ごしました。

なので、とても疲れがたまっているクライアントさんには、夜11時には寝るように勧めています。

なぜなら成長ホルモンは夜12時〜夜中3時までの間の睡眠中にしか分泌されないからです。

手前味噌で恐縮ですが、私の治療を受けてぐっすり眠れるようになった、という方は多いのですが、それでも眠れないという人がいました。

たいがいの方は、首、肩、おなか、頭蓋骨と仙骨をゆるめれば、寝つきが良くなるのですが、どうしたことでしょう。

さっそく原因を調べることにしました。

夜眠れないクライアントは、練馬区練馬高野台からいらした30代の事務職の方です。

よく話を聞くと、夜11時ごろお菓子を買いにコンビニへ行き、寝る直前までパソコンでインターネットを楽しんでいるそうです。

(これではいくら整体治療しても眠れないな)

私は、クライアントの体内時計が狂っていると判断しました。

(つづく)睡眠と健康の関係その2へ

↓↓クリックお願いします。やはり応援されると、うれしいです!

Banner2

|

« 開業へのカウントダウン7・気づかせていただいた【練馬区大泉学園の整体 治療室高久】 | トップページ | 睡眠と健康の関係その2【練馬区大泉学園の整体 治療室高久】 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/507854/40311259

この記事へのトラックバック一覧です: 睡眠と健康の関係その1【練馬区大泉学園の整体 治療室高久】:

« 開業へのカウントダウン7・気づかせていただいた【練馬区大泉学園の整体 治療室高久】 | トップページ | 睡眠と健康の関係その2【練馬区大泉学園の整体 治療室高久】 »